読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバウンドが取れないのを身長のせいにしているあなたへ!スクリーンアウトをしっかりすれば自分より大きい相手でも取れます!

f:id:pt53b58329148x243:20170308223858j:image

こんにちは!

 

 

タケハラです!

 

 

本日は、リバウンドを上手く取る方法

話していきたいと思います。

 

 

この記事を読む事でリバウンドを今より

取れるでしょう。

更に試合にも勝つ事が増えます。

 

 

逆に読まなかったら、リバウンドが取れなくなり、試合結果に負けてしまいます。

 

興味のある方はこのまま読み進めてください。 

 

リバウンドは、試合の結果を左右する

とても重要な役割です。

スラムダンクでは、

「リバウンドを制すものは試合を制す」

とも言われています。

f:id:pt53b58329148x243:20170308223932j:image

 

バスケのリバウンドはスクリーンアウトというもので始まります。

 

スクリーンアウトとは、相手選手がリバウンドを取れる位置に入り込むのをブロックすることです。

これはディフェンス側にとって、必ず行なうべきプレーです。

スクリーンアウトは、ボックスアウトやブロックアウトと呼ばれることもあります。

では、スクリーンアウトのやり方を

説明していきます。

 

1.相手チームにシュートを打たれたら、自分のマークする相手をつかまえる
シュートを見ながら相手を触って確認するのです。
2.マークする相手に体を寄せてくっつく
3.ゴール方向を向き、体の背面すべてを相手への壁にする
ヒジをはり、足を広げるのがコツ。
マークする相手のリバウンド進行方向を塞ぎ、体全体でプレッシャーをあたえます。
このプレッシャーは、相手がリバウンドに飛べないようにするものでもあります。

 

これらがスクリーンアウトの基本です。

 

スクリーンアウトが上手くできてない方は、

上半身で無理に抑えようとしているかもしれません

 

スクリーンアウト下半身がとても重要です。

 

というより下半身でほぼ決まります。

 

腰を低くしてお尻で相手を抑えるように

意識しましょう。

f:id:pt53b58329148x243:20170308223926j:image 

 

リバウンドを取る時は、ほとんど

両手を使って取る方が多いと思います。

だがリバウンドは、片手でとったほうが

いいです。

なぜなら、両手より片手の方が

高さが出るからです。

ジャンプする時に、

両手と片手だったら片手の方が高いです。

なので片手で取りましょう。

ここまで読んでくれたあなたに最後にやって欲しい事があります。

足腰を鍛えてください。

足腰を鍛えるのは難しいですけど、

鍛えたら、今よりいいリバウンドが取れます。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

                                                タケハラ