読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕がバスケで目標を達成する前とした後の気持ち

f:id:pt53b58329148x243:20170217024914j:image

 

こんにちは!

 

 

タケハラです!

 

 

 

今日は、バスケをやっていく上で、

 

1番大切な気持ちについてを話します。

 

(上手になりたい方必見)

 

ある人は、バスケは、センスがないと出来ない。

ある人は、バスケは、 才能のない人はやめたほうがいい。

こんな事を言っている人もいます。

僕自身、苦しかった時そのような事を呟いていました。

「バスケは才能」。「なんで僕だけ才能がないのか」と思っていました。

 

このような事を言っているのは、バスケが

思うようにいってない人が思っている事です。

 

 

しかし、テレビなどで見るインタビューに答えている人は、バスケは努力すれば上手くなる、

努力で変わる、大体の人がそう言っています。

 

僕も最初は、そんな訳がないじゃん、

そんなこと有り得ないでしょ、と思っていました。

 

だがそうではないと気づきました。

 

 

僕がある言葉を聞きました。

 

 

それは、才能は有限だが努力は無限という

言葉です。

 

 

この言葉は、とても重要な言葉です。

 

才能は、限界がある、

努力すれば必ず結果がついてくる。

そういうことです。

 

つまり、何が言いたいのかというと、

 

努力で才能を超えることができるという事です。

努力には限界がないので、気持ち次第で大きく変わります。

僕は、この事を胸に抱えてやってから、

大きく変わりました。

 

バスケは才能とかいっている人に、

負けてはいられないですよね。

 

是非この言葉を胸に抱えて、

 

今悩んでいるあなたへ、

 

気持ちを変えてください。

 

諦めないで目標を達成達成してください。

 

 

f:id:pt53b58329148x243:20170217033555j:image

 

プラス思考に考えて才能とか言っている人に負けないでください。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

                                                  タケハラ